Aibukyou Aichi Stage Crafts 愛知県舞台運営事業協同組合のホーム > 愛舞協とは
愛舞協とは愛知県舞台運営事業協同組合
Home   愛舞協とは 組織図と役員名簿 青年部組織図
愛舞協の理念
お知らせ
愛舞協とは
事業内容
組合員リスト
管理ホール
指定管理者制度
愛知県舞台運営事業協同組合 (略称愛舞協とは)

愛知県舞台運営事業協同組合(以下愛舞協という)は「中小企業等協同組合法」に基づき、1988年3月9日に愛知県知事の許可をいただき、同年3月23日に登記が完了し、13社で発足しました。(平成29年6月現在:11社、技術者約500名)

愛舞協の設立理由は、1980年代愛知県下に公共劇場(公共ホール)の建築が急速に進み、熟練した劇場管理技術者の派遣確保が非常に困難な状態が起き、早急な劇場管理技術者の育成に迫られることになりました。また、舞台技術において舞台(機構)、照明、音響等の機器の専門化が進み、技術者の技術向上、教育、人材の育成が必要となりました。過去には一社単位の人材育成に任されていましたが、社会の急速な変化によって、一社のみで人材育成を行うことが、困難な状態が生じてきました。単独で受注しても、複雑化、高度化が進んだ、舞台、照明、音響等の舞台技術に対し、一社で全ての技術を対応することは不可能な状態になりました。

舞台技術の会社は、それぞれ舞台、照明、音響の専門技術の法人として設立され、3部門がすべて同一のグレードを保って機能している会社はごく稀です。そこで、愛知県内の舞台技術会社が集まり、活発な論議を重ねた結果、協同組合方式を採用し、各社得意な分野で人材派遣等を行い、共同で人材育成、技術教育をし、共同受注を行うことで、より質の高い劇場管理を目指そうという理念が一致し、愛舞協が発足いたしました。